Profile

Work on air
吉野 有香 Yuka Yoshino

元なでしこリーガー/メンタルコーチ
1991/05/30 愛知県出身

小学校1年生の時に父と兄の影響でサッカーを始める。
5年生で愛知県選抜入りし、翌年はキャプテンに任命される。
卒業後、名古屋FCレディースに入団し、全国大会出場を果たし、
ナショナルトレセン(代表選手育成制度)に選抜される。

名門・常盤木学園高等学校サッカー部に入部。
しかし、史上初の3年連続全国優勝を果たすチームの中で、
3年生の10月に左足前十字靭帯を断裂し、再建手術を受ける。
リハビリ期間中に卒業。



卒業後は関西大学に進学し、
同時になでしこリーグ1部の「スペランツァFC大阪高槻」に入団。
しかし、再建手術を受けた左足前十字靭帯を復帰後1週間で再断裂。
さらに半月版も損傷し、摘出手術を受ける。
復帰後はメンバー入りするも、3年目のシーズンに戦力外通告を受け退団。



その後、なでしこリーグ2部の「バニーズ京都SC」に入団し、
レギュラーとして活躍するが、2年目のシーズン開幕目前の練習試合で、
右膝前十字靭帯を断裂。諦める事も考えたが、
チームメイト、サポーターの応援を受け、再建手術を決意。
しかし、一時は復帰するも痛みと自身のプレーに納得が出来ず、引退。

 
一度はサッカーを離れるが、
自身の怪我の経験、挫折や悩みを活かすことが出来ないか?
同じように苦しんでいる選手はいないか?との想いから、
メンタルコーチの道を目指す。
常盤木学園サッカー部顧問・阿部由晴氏から学んだSMI
(サクセス・モチベーション・インターナショナル、自己啓発プログラム)
をベースに、コーチング、目標達成プログラムを学び、独立。

現在は現役アスリートだけでなく、
指導者やユース選手の保護者向けにセミナーを開催。
経営者や学習塾など、スポーツ以外の業種でも実施するなど、活動の場を広げている。


また、サッカー普及活動の一環として、
「褒める」独自のメソッドでサッカー教室を全国各地で開催。
初心者向けのフットサル教室「ゆかサル」も定期的に全国で行っている。

さらに、アスリートのセカンドキャリア、デュアルキャリア支援事業、
なでしこリーグのチームへのスポンサー仲介事業にもチカラを入れている。